VTZ250 レストア記録 その7 タンクの修理(塗装剥離・板金)

※2018/7~2019/02頃の記録。

ジャンク入手時に付属していたボコボコのタンクを、板金して再塗装することにしました。

元の状態がこちら。

塗装剥離

まずは地金が出るまで塗装を落としてやる必要があります。

下記2品は確かに落ちるものの、コスパが悪いので、ホームセンター品の安い剥離剤で出来るだけ頑張ってから使いました。

上手く浸透すると、パチパチ言いながら塗膜が浮いてきます。

反応がイマイチな所は、表面をやすり掛けしたり、スクレーパーで攻めていきます。 ちなみにこのスクレーパーはアストロで100円くらいでした。替刃も100円で売ってたので、雑な場面では便利。

しかし、この程度の面積しか落ちません。残りはサンダーでやっつけます。

下のやつを使ってますが、車の磨きにも使えるのでオススメ。マジック式のペーパーを#60~240くらいを使ってゴリゴリやります。

created by Rinker
¥10,780 (2020/05/30 12:17:18時点 楽天市場調べ-詳細)

板金作業開始

板金方法は、板金ハンダでワッシャーを溶接して、スライディングハンマーで引っ張る方法を試しました。

道具は、高出力の半田ごて。200Wなので板金用にしかならない逸品。安いのでいいけど。

【白光 HAKKO】白光 MATCHLESS マチレス200W 板金加工用大型はんだごて 557P

フラックスも必要です。たぶん安く買える。

こんな感じでワッシャーをつけて、スライディングハンマーで引っ張ります。 小型のものでも十分でした。板金以外の用途にも使いたかったら、もうちょっと大きなものがオススメ。

引っ張るとワッシャがポロポロ外れます。でも接着面が変形してる証拠なので、地道に繰り返します。

大きなヘコミ面。場所を変えながら引っ張っていきます。地道に・・

ちなみに、地金が出てる部分は、数日たつとサビます。長期戦の場合は適当な油分をスプレーしておくと良いです。

長くなったので続きます・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。